世界を揺るがせた?バイアグラ

バイアグラがニュースになった時、そんな薬を望んでいた人以外の全く関係のない人であっても、耳にするだけではなく名前がインプットされるくらい話題になりました。

バイアグラは1998年にアメリカで発売された薬なのですが、EDの治療薬として世界初の薬だったからです。

それまで、勃起できないという症状は仕方のないこと、治らないこととされていたこともあって、バイアグラの誕生時には発売がされていない日本でも、夢の薬であると、あっという間に話題が広まりました。

日本にいても試してみたいと思う人がたくさんいたことから、個人輸入業者から購入して服用するという人が多かった様です。

しかし、この夢の様な薬には、併用できない薬があったりなど服用できない人、注意点などの説明を受けていないことから、重篤な副作用がでてしまったりし、日本においても正しい服用を勧めるために早急に製造販売ができる様に動きがありました。

なんと、翌年にはバイアグラが日本でも正式に認可され医療機関で取り扱われる様になりました。

このバイアグラというのは、誕生するまでには面白いエピソードがあります。

バイアグラというのはシルデナフィルという有効成分が含まれているのですが、このシルデナフィルはEDの治療薬として研究されていたのではなく、元々は狭心症に効果があるのではということで臨床試験が進められていました。

しかし、特別な効果は見られず、薬の回収をしたところ、返却をしない人がいて、その理由を聞くと、勃起機能の改善に効果があるからだったのです。

世界初の夢の薬は、こうしてひょんなことから生まれ、今では数多くのED患者を治すという信頼できる薬となったのです。

こちらもチェック・・・≫横浜西口、本当の風俗情報支援